上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
IMG_0001.jpg
萩原朔太郎写真作品「のすたるぢや」 1994年 新潮社
(カバーリ・シマメ白 表紙マーメイドうす茶 本文ニューエイジ)

詩人の萩原朔太郎が撮ったステレオ写真。
モノクロの寂しい景色にときおり朔太郎の詩が添えられている。
娘・葉子、孫・朔美のエッセイも。
朔太郎が雑誌「アサヒカメラ」に昭和十四年に寄稿した『僕の寫眞機』が味わい深い。

以下抜粋
「此處で「實景のやうに」と言ひたひが、わざとさう言はないのは、
ステレオのパノラマライクが、實景とは少しちがつて、不思議に
幻想的であるからである。此処では前景と後景との距離が
パノラマに於ける實物と繪畫のやうに、錯覺めいた空間表象を
感じさせる。その為前景の秋草や蝙蝠傘やが、強く印象的に
迫って来て、後景が一層遠く後退し、長い時間の持續してゐる
夢の中で、不動に静寂してゐるやうに思はれるのである。
そしてこの幻想的な印象にもまさつて物侘しく、ロマンチックに
心の郷愁をそそることは言ふ迄もない。」

二次元と三次元の狭間、2.5次元に潜む郷愁。
IMG_0005.jpg
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://da3d.blog115.fc2.com/tb.php/8-e357c0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。