上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛色の変わった3D本。
IMG_0003.jpg
『スリーディー・スケープ』(株)アスキー1997年(入手価格200円)

付属の3Dメガネは、マイクロプリズムを使ったクロマデプスメガネというものです。
一見透明フィルムのようですが、色(chroma)の深度(depth)を識別して
光の波長ごとの屈性の違いによって、波長の短いものほど(青色)奥に、
波長の長いものほど(赤色)手前に見えるように作られています。

本の内容は普通の風景写真で
ステレオ画像のように左右二枚並べてるわけでもないし
赤青のぶれた画像でもありません。
IMG_0004.jpg
それなのに、このChromaDepthメガネをかけて眺めると
途端に立体感が出ます。
黒い背景に赤、青マジックで線を描いただけの物でも
このメガネをかけてみると飛び出します。

米国 クロマテック社が開発し一手に権利を持ってるようで
せっかく面白い技術なのに、日本でいまひとつ認知度が低いのは
その辺の縛りがあるせいかなと思ったり。(○○式に似てる)

クロマテック社
ギャラリー
スポンサーサイト
  
コメント
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

トラックバック
トラックバックURL
→http://da3d.blog115.fc2.com/tb.php/11-08cc090c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


     
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。