上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
80年代のお洒落な男の子御用達雑誌「popeye」。
1983年11/25号の特集は
「3Dメガネで飛び出すポパイ」。
popyet.jpg
ロサンゼルスでJAWS3を観てきたスタッフが
飛び出すポパイを作ろうよと意気込んで企画。
熱い思いが伝わってくるような誌面です。

3D紹介記事はカラー5ページ
popeye2.jpg
ビューマスターに対抗してバンダイが作った、
3Dデメラマや、トミーの3D電子ゲーム
「3D立体グラフィックゲーム」。
セガのサブロック3Dやニムスロー3Dカメラの記事も。
そして32ページにわたってアナグリフページ。
途中に挟まる広告ページも飛び出します。
無題
(東芝ビデオデッキは27万円!)
スポンサーサイト
週刊少年ジャンプ2007年夏の増刊9月15日増刊号
こち亀特集号
一冊ぜーんぶこち亀で、こち亀初の試みとして
30ページの超立体マンガ。

中味

特筆すべきは付録の
「両さんなりきり3Dメガネ」。
目部分だけでよいものを
”なりきり”なので、両さんの鼻および
鼻の下までついてるのであった。
両さんなりきり3Dメガネ
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。