上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毛色の変わった3D本。
IMG_0003.jpg
『スリーディー・スケープ』(株)アスキー1997年(入手価格200円)

付属の3Dメガネは、マイクロプリズムを使ったクロマデプスメガネというものです。
一見透明フィルムのようですが、色(chroma)の深度(depth)を識別して
光の波長ごとの屈性の違いによって、波長の短いものほど(青色)奥に、
波長の長いものほど(赤色)手前に見えるように作られています。

本の内容は普通の風景写真で
ステレオ画像のように左右二枚並べてるわけでもないし
赤青のぶれた画像でもありません。
IMG_0004.jpg
それなのに、このChromaDepthメガネをかけて眺めると
途端に立体感が出ます。
黒い背景に赤、青マジックで線を描いただけの物でも
このメガネをかけてみると飛び出します。

米国 クロマテック社が開発し一手に権利を持ってるようで
せっかく面白い技術なのに、日本でいまひとつ認知度が低いのは
その辺の縛りがあるせいかなと思ったり。(○○式に似てる)

クロマテック社
ギャラリー
スポンサーサイト
デジカメを使って、左足に重心かけて一枚撮り、
次に同じ対象を、右足に重心かけてもう一枚撮る。
という単純な方法でお手軽にステレオ風景写真を撮り
むっちゃんさん作、ステレオフォトメーカー(全然使いこなせてない)で
一応交差法画像を作りました。

せんべいすてれお
おせんべやさんの看板。(右画像に車が写ってしまってます)

狛犬すてれお
店先の狛犬

吊り下げすてれお
軒先の和小物がにぎやか

鶴すてれお
池の中央にある鶴の噴水

亀すてれお
てんこ盛りの生きてる亀

大仏すてれお
派手派手しい須弥壇

塔すてれお
五重の塔と石碑

瓢箪すてれお
瓢箪

鴉すてれお
絵になる鴉。
じっとしててくれてありがとう

IMG_0001.jpg
萩原朔太郎写真作品「のすたるぢや」 1994年 新潮社
(カバーリ・シマメ白 表紙マーメイドうす茶 本文ニューエイジ)

詩人の萩原朔太郎が撮ったステレオ写真。
モノクロの寂しい景色にときおり朔太郎の詩が添えられている。
娘・葉子、孫・朔美のエッセイも。
朔太郎が雑誌「アサヒカメラ」に昭和十四年に寄稿した『僕の寫眞機』が味わい深い。

以下抜粋
「此處で「實景のやうに」と言ひたひが、わざとさう言はないのは、
ステレオのパノラマライクが、實景とは少しちがつて、不思議に
幻想的であるからである。此処では前景と後景との距離が
パノラマに於ける實物と繪畫のやうに、錯覺めいた空間表象を
感じさせる。その為前景の秋草や蝙蝠傘やが、強く印象的に
迫って来て、後景が一層遠く後退し、長い時間の持續してゐる
夢の中で、不動に静寂してゐるやうに思はれるのである。
そしてこの幻想的な印象にもまさつて物侘しく、ロマンチックに
心の郷愁をそそることは言ふ迄もない。」

二次元と三次元の狭間、2.5次元に潜む郷愁。
IMG_0005.jpg
オンラインで3Dを楽しめるURLを記述するカテゴリーを作った。
裸眼立体視ものも載せるつもりだが、多くは赤青メガネを必要とする。
楽しむためには赤青メガネが必要だ。
赤セロファンと青セロファンを使って自作するもよし、
(その際、右目に当てるのは青色だ)
1個80円で通販してくれるトコロもある。

第一弾は、「とびだす!日本メガネ党」
日本メガネ党は、大手メガネチェーンであるメガネストアーが
支援している政党だが、2007年に飛び出すCMを放送したらしい。
TVでは見逃したが、リンクを辿るとおぎやはぎが飛び出すCMも
今現在オンラインで見る事ができる(アナグリフ)。
Da3D02.jpg
ディズニー キープセイクス (日本語対訳本付)  2005年 入手価格千円

この『ディズニーの贈り物』は、たくさんの未公開イラストや秘蔵アイテムのレプリカ、
スタジオ秘話などが収録された豪華アートブックだ。
ウォルト直筆のピーター・パンのストーリーメモ、『Make Mine Music』のパラパラ漫画、
1950年代スタイルの3Dめがねなど、当時を忠実に再現した複製品も多数収録。

メガネとともに付いてきた復刻版飛び出すカードはドナルドダック柄の二枚のみ。
Da3D01.jpg

50年代のハリウッドでは、使い捨ての紙製3Dメガネで観る
3D映画こそが、TVの普及により往年の活気を失いつつある業界を
救えるのかもしれないという考え(3D映画が映画館の救世主と
なるかもしれない、という2009年の期待と奇しくも同じ....)の元
数多くの3D映画が瞬間的に作られた。
代表作としては「Bwana Devill 」1952年
や 「タイコンデロガの砦」 1953年

ディズニーも1953年「メロディ」で星々や音譜を飛び出して見せた。
「working for peanuts」(1953年)はドナルドダックを主人公に
チップとディールとのドタバタを描いた3Dアニメ。
(この作品は日本では2007年の3D版ルイスと未来泥棒のときも併映された。)

ちなみに、この50年代にディズニーが作った3D映画は上記二本だけだが
1955年に創業したディズニーランドのアトラクションで、1956年に
「3DJamboree」という26分間の飛び出すアトラクションが上演された。
その後ディズニーが3Dを思い出すのは30年の後のこと。
(参考 「ディズニー キープセイクス (日本語対訳本付):」 Robert Tieman,)
3Dbook01.jpg
CGステレオグラム1~3    1992年 小学館

この三冊は、”ステレオグラム”というニューワードを武器に
90年代の立体視ブームの火付け役となった本といっても過言ではないのでは?
CGステレオグラム1でほんのちょびっとだけ関係してます。

以後二年ほど続くステレオブームの中、小学館はステレオ本の秀作を
続々と出すのですが、それは小学館編集者の徳山氏が、
ステレオオタク学会に所属してたせいなのかな?と勝手に思ったり。
子供向けということで、昔から小学館は立体視に強いのでしょうけど、
雑誌のオマケですら手を抜かない伝統が現在にも脈々と
受け継がれてる印象があります。
  
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。